ホーム > 被害者の声

1.ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の原告たち

 私たちが現在たたかっているノーモア・ミナマタ第2次訴訟において,実際に法廷で訴えた水俣病被害者の声をお聞きください。 

(1)飯尾正二(昭和33年,鹿児島県出水郡東町(当時)生まれ)

 足の震えやこむら返りを抑えるために足を縛って寝ました。手先の震えでパソコンを使えず,仕事を続けられなくなりました。

(2)濱崎フクエ(昭和12年,熊本県天草郡姫戸町(当時)生まれ)

 手のしびれ,物を落とす,つまずき転ぶ,指がつる,耳鳴り,めまい…ずっと悩んできた症状が水俣病のせいだと知ったのは2年前でした。

2.ノーモア・ミナマタ訴訟の原告たち

 すでに勝利和解によって救済を受けた水俣病被害者の方ですが,ノーモア・ミナマタ訴訟において,実際に法廷で訴えた内容です。

(1) 大石利生(原告団長,昭和15年,熊本県葦北郡水俣町八の窪(当時)生まれ)

 ガラスの破片が足を突き抜けても全く痛みを感じませんでした。

(2)野口政造(昭和5年,熊本県天草郡樋島村(当時)生まれ)

 水俣病に苦しむ島の人の苦しみに気づけないまま,「水俣病隠し」に加担してしまいました。

水俣病不知火患者会